幸せなカップルとカプセル

勃起障害からくる病気にはどんなのがあるか

テレビを見ているカップル

代表的な病気として生活習慣病です。
高血圧や糖尿病は特に勃起障害を引き起こす病気として知られています。
高血圧は脳卒中や動脈硬化を引き起こす直接的な要因であり、糖尿病は腎不全を引き起こす怖い病です。
性行為をすることがないから、勃起障害を抱えても構わないという人もいますが、実はその症状こそ命の危険があります。
勃起障害を抱えているということは、身体のなんかのシグナルである可能性がありますので、決して無視してはいけません。
また事故や外科手術によって、勃起障害が起きることがあります。
神経や血管を傷つけて、うまく勃起ができなくなる症状です。
前立腺関係の手術を受けた人が勃起障害を抱える可能性があります。
このような病気によって引き起こされる勃起障害を器質性EDと呼んでいます。
身体の何からのサインである可能性があり、それを取り除くことで勃起が回復することもありますが、治療は長期間に及びますので、治療薬を用いて同時に改善を図るようにするのが賢明な判断です。
また血圧降下剤や抗うつ病薬を服用している患者さんが勃起障害を抱えることもあります。
医薬品の副作用から起きる症状であり、その他に消化器系の医薬品でも起きることがあります。
現在はクオリティーライフの観点から、生活が困難になるのであれば、他の医薬品で治療をすることを検討してくれますので、医師に正直に恥ずかしがらず勃起障害を抱えていることを相談することをおすすめします。
EDの告白は恥ずかしいですが、医師はそんなこと何とも思っていませんので、恥じずに遠慮なく申し出るようにしてください。
薬剤性のEDであれば、その治療薬を服用しなくなることで、勃起が改善する可能性があります。
勃起障害を治すためには治療薬を使うのが一番手っ取り早い方法です。
代表的な治療薬としては「バイアグラ」、「レビトラ」、「シアリス」などが挙げられますが、中でもシアリスは効果の持続時間が24時間以上と非常に長く、バイアグラやレビトラのように性行為の直前に服用しなければいけないということはなく、時間に余裕を持って服用すれば良い為に初めてこういった薬を使う方にとっては非常に使いやすい薬となっています。
また、こういった治療薬にはジェネリックがあり、効果は変わらないのに安い価格で販売されているものがあります。
たとえば、シアリスのジェネリックにはタダシップという薬があり、海外の医薬品を取り扱っている通販サイトから手軽に安価で購入することができます。
このタダシップを服用するときには、心臓や肝臓になんらかの疾患を抱えている方は使用禁忌となっていることなど、注意しなければならない方もいらっしゃるので、きちんと調べた上で服用しましょう。
現在は通販を使ってED治療薬を購入することが出来ますが、購入の際は偽物を買ったり服用してしまうリスクを減らすために、なるべく長期間運営していることが分かる「あんしん通販マート」のようなサイトから購入するのが賢明です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ